メンテナンスについて

日常のお手入れ

化学雑巾もしくは、乾いた柔らかい布のから拭きで十分です。水を使わないようにお手入れして下さい。汚れが目立つ場合は、濡れ雑巾を固く絞って拭いてください。

調味料や牛乳等の食品類の汚れの場合

台所の中性洗剤を溶かしたぬるま湯を使い、よく絞った雑巾で拭いてください。
汚れが落ちたら、濡れ雑巾を固く絞って拭いた後、乾いた柔らかい布でから拭きしてください。

クレヨン、水性フェルトペン等の場合

塗装品については、布にベンジンをつけ手早く拭いてください。 汚れが落ちたら、濡れ雑巾を固く絞って拭いた後、乾いた柔らかい布でから拭きしてください。

自然塗料、オイル仕上げについては、台所の中性洗剤を溶かしたぬるま湯でよく絞った雑巾で拭いて下さい。汚れが落ちたら、濡れ雑巾を固く絞って拭いた後、乾いた柔らかい布でから拭きしてください。 自然塗料・オイル仕上げについては、塗膜ができない含浸タイプの塗装のため、完全に汚れが落ちないこともあります。

油性マジック等の汚れの場合

塗装品については、布にベンジンをつけ手早く拭いてください。
汚れが取れにくいのでこの作業を繰り返し汚れが落ちたら、濡れ雑巾を固く絞って拭いた後、乾いた柔らかい布でから拭きしてください。

自然塗料、オイル仕上げについては、クレヨン、水性フェルトペンと同様の処理を試して下さい。取れない場合は、市販のサンドペーパーで汚れた部分を軽く削った後、自然塗料・オイル で表面を塗ってください。 

ワックス掛けを行う場合、塗装品については木質フローリング専用の樹脂ワックスを使用してください。
オイル仕上げ等の自然塗装の場合は、自然塗装用専用メンテンス品を使用してください。

おことわり

上記のメンテンンスについては一般的な使用状況に基づく対応です。

床材表面に小さな穴が開き、木の粉のような物が出てくる場合があります。これは木部についた害虫と考えられます。
ー般的に床材は製造工程で高温乾燥するため虫や卵は死滅します。
その後の流通過程や施工後に外部から虫が飛来して産卵し、虫喰いが発生する場合があります。 
万一虫害が発生した場合は、専用薬剤を散布・注入するなど早期対応が必要です。
専用薬剤はホームセンターなどでお求めいただけますが、処理専門業者にご相談されることをおすすめいたします。


▲ ページ先頭へ